「ひとかけらの純情」の歌詞 南沙織

1973/12/5 リリース
作詞
有馬三恵子
作曲
筒美京平
文字サイズ
よみがな
hidden
いつも雨降あめふりなの
二人ふたりしてわすとき
かお見合みあわせたわ
しみじみとたのしくて
あのこいのはじめの
だれかここへれてきてほしいの
あのえるをしていたあつひと
もう一度いちどいたい

いつもレクイエムを
あの部室ぶしつかされたのね
ぎこちないつきの
ちゃにさえときめいて
なぜおもいがけないときさめてゆくの
あんなにもあいして
まだしんじられないのよ
あなたからのつらそうなさよなら

なにみのらずにいつもおわるのね
わかなみだひとつふたついまはいいけど

あのこいのはじめの
だれかここへれてきてほしいの
あのむねのうずくような
こいをしてるひとにならわかるわ
こいのはじめの
だれかここへれてきてほしいの……