「ふたり淋しがりや」の歌詞 南沙織

1977/4/1 リリース
作詞
有馬三恵子
作曲
筒美京平
文字サイズ
よみがな
hidden
あのひと しろはなきなひと
わないけれどなんとなくわかる
あのひと おもいつくとそのにも
だまったままで旅立たびだってしまうひと
あああいしているのよ
ああこのままいつまでも
いててほしいのに
むねわたっていくかぜおと こえるひと
どうこいをしてきたのかしら
あのひと たぶんかなしいの
そしてまたさびしがり わたし

あのひと いち日中にちじゅうそばにいて
ひとことだってわないもあるし
あのひと のつかないふりをして
誕生日たんじょうびなどおぼえててくれるひと
ああふしぎな二人ふたり
ああわたしのどのあたりあいしているのやら
一度いちどきたいけどなんとなくけないのよ
あやふやだからにかかるみたい
あのひと たぶんかなしいの
そしてまたさびしがり わたし
ラララ………