1. ふりむいた朝歌詞

「ふりむいた朝」の歌詞 南沙織

1976/3/1 リリース
作詞
中里綴
作曲
田山雅充
文字サイズ
よみがな
hidden
まぐれなあいつのままな言葉ことば
それさえもあいだとしんじていたの
ものの見事みごと裏切うらぎられ いま
かなしみのあさむかえてる
おもことさえしたくないのに
なににつけあいつの笑顔えがおがうかぶ
ふたつにったオレンジ
さし相手あいてもいない
さみしくくちふくめば
なみだほほにひとつ

しゃくだけどわたしのからだのなか
半分はんぶんはあいつのものになってる
なまいきなことをならべてばかり
素直すなおになれないわたし
まわみちしてきたもするけれど
出会であいからもう一度いちどはじめてみたい
窓辺まどべいた電話でんわ
いまはただのかざもの
ちいさく名前なまえべば
なみだほほにひとつ