「夏の感情」の歌詞 南沙織

1974/6/21 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
みなゆるしてみたいの すぎた日々ひび出来事できごと
みなわたしのどこかを とおりぬけた人達ひとたち
制服せいふくむねあいしたひといたけど
みんなちいさなことなの わたし いつも自由じゆう
さま真下ましたで おさま真下ました
れてもいい ア・ア・ア・ア
あいしあう二人ふたりあいしあう二人ふたり
うつくしいはずよ ア・アー
だれかに出会であために また真夏まなつおとずれたの

みんなつつんであげたい さびしがりのたましい
みなわたしとどこかが ていそうな午後ごごなの
さよならしただれか すれちがったあのひと
このおおきなうみでは わたし すなのひとつぶ
潮風しおかぜにむかって 潮風しおかぜにむかって
ときはなされたい ア・ア・ア・ア
むきしのわかさは むきしのわかさは
きれいなはずなの ア・アー
あらたに出会であために また真夏まなつおとずれたの

なつ出来事できごと みんなゆるせる
なつ出来事できごと みんなゆるせる……