「愛の序曲」の歌詞 南沙織

1974/6/21 リリース
作詞
有馬三恵子
作曲
筒美京平
文字サイズ
よみがな
hidden
いつかこんな夕暮ゆうぐ
やはりかぜかれて
ただしきりにこいおも
ちこがれていたがある
きることの意味いみさえ
あのあまりらずに
だけどどこかむねはすでに
今日きょうのことをりはじめていた
なつになる はじめには
たびにでもきたいの
れすぎたかなしみに
あいさつをおくりたい気持きも
いつかこんな季節きせつ
わたし こいをしていた
これがきっとしあわせだと
しんじられた月日つきひおもがある

おぼえきれぬときがなが
とにかくみなくらしているのね
なつになるはじめには
たびにでもきたいの
れすぎたかなしみに
あいさつをおくりたい気持きも
いつかこんな街角まちかど
わたし ひとわかれた
ぎてみればすべておな
こたえられないことなどなにもないのよ