「春の愁い」の歌詞 南沙織

1977/3/1 リリース
作詞
有馬三恵子
作曲
筒美京平
文字サイズ
よみがな
hidden
めざめにはおぼえてたゆめ
あとかたなくわすれている真昼まひるどき
こいなんてとるにたりなくて
してないとふしあわせなわたしなの
青春せいしゅん景色けしきにはだれかがほしい
あいだけがおも
ゆたかにするがしてるの
毎日まいにちはひざけにふれるかぜにも
それとはなくぎるもの

窓辺まどべにもはるのときめきが
そこかしこにひそんでいる真昼まひるどき
くちにしてなげくほどもなく
しあわせでもない気持きもちなにかしら
青春せいしゅんいまもまだ他人ひとごとみたい
どのひとのこともみなたしかながしていないの

青春せいしゅんらないでおわるかしらね
今日きょうまでのこいなんておもにものこらないの
つことはなれているつもり
わたしならばいつまででもつけれど