「木枯しの精」の歌詞 南沙織

1977/11/21 リリース
作詞
丸山圭子
作曲
丸山圭子
文字サイズ
よみがな
hidden
落葉おちば 公園通こうえんどおりで
すれちがったあなた
北風きたかぜながかみらし
うつむきかげんに いそあし

なんだか こえもかけられなくて
さびしそうだったあなた
うれいがかった ひとみ
木枯こがらしと いてた
きっと あのひとおもにできなくて
くあてもなく あるいていたのね
はなしてしまえば こころかるくなるから
いつでも わたしに ふりむいてください

さむらずのわたしだけれど
ちょっぴりからだがふるえる
こんなにあか夕陽ゆうひ
いつかがして
あなたの 背中せなかかさなる むじゃきなわたしかげ
こいかなしみは えてしまうものよ
はなしてしまえば こころかるくなるから
いつでも わたしに ふりむいてください
はなしてしまえば こころかるくなるから
いつでも わたしに ふりむいてください