1. 目の中の春歌詞

「目の中の春」の歌詞 南沙織

1977/4/1 リリース
作詞
有馬三恵子
作曲
筒美京平
文字サイズ
よみがな
hidden
北国きたぐにへあてておそはる
速達そくたつすらしい
インフレのまちあとにして
はこひろげに
わたしこころかぜ いつものかぜ
どこかの軒先のきさきぬけて
はるかなみさき旅立たびだつのよ
ただこのわたしのこるの
ただ窓辺まどべにいるだけ

だまりが今日きょうれたゆび
花時計はなどけいまわしてる
にあまるようなふしあわせ
さしあたりないのに
わたしのむなしいむね ただようむね
小舟こぶねをあげながら
わかれのワルツをいまいているの
ただこのわたしのこるの
ただ窓辺まどべにいるだけ
いつこのわたしけるのかしら
いつこのわたしけるのかしら
いつこのわたしけるのかしら