「透き通る夕暮れ」の歌詞 南沙織

1973/12/5 リリース
作詞
有馬三恵子
作曲
筒美京平
文字サイズ
よみがな
hidden
めぐりいたいのわたし
うみのようなおおきなひとに
今日きょうまでにつけたもの
なにもかもせたいひとに
だから…おもしてるのわたし
ひとあいしはじめたころ
あいしてさよならをして
いまもまだつづけてる
つだけですべては くかもしれないけど

わすれたくないのわたし
どんなこいこいしてきたか
あなたも過去かこのどこかへ
いてきた名前なまえだけれど
いつも…やみたくないのわたし
おもうままにあいしたのなら
わかれもいいおも
とお夕暮ゆうぐれみたい
とおをして またあいしていきたい