「こどなの階段」の歌詞 南波志帆

2011/6/15 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
「“大人おとな”でも“子供こども”でもないぼくらは“こどな”だね」とわらきみ笑顔えがおまぶしい

水面みなもねた わせした 睫毛まつげせた そしてまわまわわたし現在いま
しゴムとした 四弦よんげんれた だいだいした かげ太宰だざい漱石そうせき ぼやける現在いま

永遠えいえん意味いみなんか かんがえちゃ いけないの

制服せいふくしたいそら
一瞬いっしゅんきざんで くろかみれて
哀色あいいろこぼして きみ背中せなか
ゆびいた「ありがと」 自転車じてんしゃふたり

くちづけをした 平手打ひらてうちをした 檸檬れもんはじけた だからsizzle sizzleわたし現在いま

ここからが 大人おとなだと 気付きづかずに いさせてよ

ゼッケン5追ごおいかけ 胸鳴むねなりのなつ
焼却炉しょうきゃくろ けむりすこかなしいあき
きみいたい 電飾でんしょく冬融ふゆとかして
だれよりも はや半袖はんそでたいはる

永遠えいえん意味いみなんか かんがえちゃ いけないの

大人おとなでも子供こどもでもない季節きせつを もう二度にどもどらない風景感ふうけいかんじて
制服せいふくがゆらゆら きみがきらきら
こどなの階段昇かいだんのぼって ゆらゆら…きらきら…

大人おとなでも子供こどもでもない季節きせつを もう二度にどもどらない風景感ふうけいかんじて
制服せいふくがゆらゆら きみがきらきら
こどなの階段昇かいだんのぼって ゆらゆら…きらきら…さよなら