「ふたりのけんか」の歌詞 南波志帆

2011/7/20 リリース
作詞
コトリンゴ
作曲
コトリンゴ
文字サイズ
よみがな
hidden
はじめてのけんか ずっとずっとこわがってる
わたしのいやなところ られたくなくて
きっかけはなんだか とてもとても くだらなくて
かないふりが よかったの?

だいすきの、うらがえし
ゆきすぎた、うらがえし
ひとめ、したいのに
やめれば、いいのに
められないの

ぶつかってしまう
まぶしくて けられなくて
もう だまりたいのに
あとからあとから てくる言葉ことば
自分じぶんのことが いやになる
ふたりはどこへ

二回目にかいめのけんか きてしまう そのまえ
はなればなれのみちを えらびたくなくて
つよがりのふたり こなごなに くだけたら
そのさきは なにがつの?

きもどし、したいのに
すすみさえ、しないんだ
オレンジに、あか
火花ひばなはじけた

はがれおちてゆく
からだじゅう けたよろい
もうはずしたいのに
あとからあとから てくる言葉ことば
全部ぜんぶ気持きもち うらがえし こまったわ
ふたりはどこへ

いとおしい日々ひび ばす
きっとだいじょうぶ、もういちど

まぶしくて けられなくて
もうわらせたいの
あとからあとから てくる気持きも
ごめんね ごめんね
ふたりはつづく