「乙女失格。」の歌詞 南波志帆

2012/12/5 リリース
作詞
土岐麻子
作曲
末光篤
文字サイズ
よみがな
hidden
りすぎた前髪まえがみ 裏切うらぎった天気予報てんきよほう
すれちがった電話でんわ ちくたびれた返信へんしん

うごした交差点こうさてん
じるけれど 心止こころとまったまま

ゆめはあるけど こんなちいさな今日きょうさえ
上手うまきられない
あいもあるけど なんだかわらえないの
きっとわたし乙女失格おとめしっかく

物分ものわかりがいいのは
たぶんどこかひとごとで
まった正解せいかいのなかできるのは
よわ

これを「挫折ざせつ」とぶのなら
すこしかっこいいわ …けてくるわ

ゆめはあるけど こんなちいさな今日きょうさえ
上手うまきられない
あいもあるけど どうしてわらえないの
目下もっかわたし乙女失格おとめしっかく

東京とうきょうかぜ
れたつけまつ
はがしてちてゆく

いきをころせば鼓動こどうおく
さけこえこえてくる

「どうする?きみはもうあきらめるの?」

わらない
ゆめはあるけど
いまは
なんだかちょっと
上手うまきられない
でもねこれも大事だいじわたし日々ひび
そうよ、わたし{乙女失格おとめしっかく

ぎた前髪まえがみ
あめられた週末しゅうまつ

がれかけのネイル
だれかの人生論じんせいろん

こたえのない毎日まいにち
きみの声忘こえわすれそう

うごした交差点こうさてん
いまはしけてゆく