1. それは夏の午後歌詞

「それは夏の午後」の歌詞 南野陽子

1989/7/12 リリース
作詞
小倉めぐみ
作曲
黒沢健一
文字サイズ
よみがな
hidden
ひとなみめたシグナル
ながした 車道しゃどうこう
なつかしい あなたが ポツンと っていた
それは なつ午後ごご

どうしていたの? 元気げんきだったの?
こころでつぶやいた
とおくになった 一年前いちねんまえ
あざやかになる…

くすものが あまりおおくて
ついていくのは 無理むりだとげた
それでも それでも だれより あいしてた
去年きょねんなつ

けた陽射ひざくるまがはじく
あなたがふと わたしづく
おどろく ひとみ一瞬いっしゅん とがらせて
すぐかおそむけた

ときのはやさに けないでいる
にくしみがうれしい
とおくなっても つよいあなたは
わらずにいる…

あいだけでは やってゆけない
いつか二人ふたり やむとおもった
それでも それでも だれより あいされた
去年きょねんなつ

そのまなざしに いまもきらめく
にくしみがうれしい
とおくなっても ずるいわたし
わすれずに いる…

ひとなみながれはじめて
そうだれより 他人たにんかお
なつかしい あなたが しずかに ちかづいて
いま すれちがった
なつかしい いたみが 二人ふたり肩先かたさき
いま かぜになった