「はいからさんが通る」の歌詞 南野陽子

1987/12/2 リリース
作詞
小倉めぐみ
作曲
国安わたる
文字サイズ
よみがな
hidden
あさもやに けむってる
運命うんめいのわかれみち
あなたに
出逢であってしまって
あやういほう
あるしたの
木洩こもおど
わらいころげたりして
くもったかぜはし
こころおく
キュンとおとをたてた
くちびるを
かさねたかずでは
愛情きもちつなぎとめられない
ってるけど・・・・・・
凛々りりしく
こいしてゆきたいんですわたし
きずつくことに弱虫よわむしなんて
乙女おとめが すたるもの
ややこしい
かけひきは苦手にがてですわたし
れた そらきです

二人ふたりとおぎた
いくつもの わかれみち
しろはなかおるときも
みの季節きせつ
いつもいっしょだった
りそいつづける
ためならば
さからわずなんでも
うこときけるけれど・・・
凛々りりしく
こいしてゆきたいんですわたし
あなたしだいで
きてゆくような
乙女おとめじゃ カナシイわ
じぇらしぃで
たまにみだしますわたし
自分じぶんらしくゆきます
ふれあうはだ
ぬくもりほど
さきゆきは
たしかじゃないこと
ってるけど・・・・・・
たとえなみだあらし
きたって平気へいき
あなたとみた青空あおぞら
一番胸いちばんむねかがやくわ
わかれてもまた
出逢であえばいいもの平気へいき
まえいて ゆきます
うつむかずに あるきたいの
あなたへの いとしさも
せつなさも
まっすぐみつめて
凛々りりしく
こいしてゆきたいんですわたし
きずつくことに弱虫よわむしなんて
乙女おとめが すたるもの
凛々りりしく
こいしてゆきたいんですわたし
れた そらきです