「月夜のくしゃみ」の歌詞 南野陽子

1989/7/12 リリース
作詞
南野陽子
作曲
上田知華
文字サイズ
よみがな
hidden
あたらしい明日あしたのために
ひとまちねむ
わたしだけ 今日きょうのこされ
つきかたるの

まえになにがあるのか
それさえも わからず
つめたいかぜ景色けしき
ときすすめる

Ah まよいだけわたしのそばにちかづいてきて
ふとなみだおとしてゆく
Ah つきち いくつけたら
本当ほんとう私自身わたしじしん出逢であえるの

やさしさと にく気持きもちを
ひとこころ
きずつけ そしてりそい
どこへ旅立たび

Ah わすれたい おもだけが むねをかすめて
あわいいたみをのこしてゆく
Ah なつり いくつてたら
もっとつよくなれるかしら

あやまちをくりかえし
後悔こうかいだけがめるけど
ずっとあるつづけたいの

Ah つきち いくつけても
わたししんじていたいの

そっとけてゆくむらさきそら
えた躰抱からだだいて
わたしってるひとなかねむろう