1. 月見草幻想歌詞

「月見草幻想」の歌詞 南野陽子

1989/7/12 リリース
作詞
田口俊
作曲
平野牧
文字サイズ
よみがな
hidden
しずかに ざわめくこころ
つきらされた はなのよう
ねむれないのは
なにおおきな出来事できごと
まえぶれでしょうか…」

れた素足すあしのまま
ひとり おどるのよ
みずうみには
月影つきかげ

そら水鏡みかがみ
らしたい気分きぶん
さびしくない
孤独こどくがステキ

なにかをって
世界せかいねむ
たわむれの恋心こいごころ
このきしに もうてよう

片想かたおもいや
しずかにわったこい
すぐに なつかしくなって
またわたしこいをさせる
はなまれるために くのです」

あいはつらいことを
れてくるかしら
運命うんめいうず
げたいの

いつか出逢であうひとの
まぼろしをぶの
ただようきり
すくえばげる

夜明よあけをって
水面みなもねむ
自分じぶんさえらずにいる
わたしにね なりたいのよ

だれかをって
こころねむ
あいふね こぎしたら
もうここへ もどれないの