「楽園のDoor」の歌詞 スケバン刑事 ED 南野陽子

1987/2/1 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
だまりの 窓辺まどべから
こごえる街並まちなみ 見下みおろすの
さみしさも にくしみも
ガラスのむこうの物語ものがたり
そうね
世界中せかいじゅう他人事ひとごとなら
きずつかずに ごせるけど
こころごと きてゆきたくて
楽園らくえんの Door から・・・
ひとり
ややかな 階段かいだん
ざわめきのうみ
りてゆく
あこがれと かなしみが
ぶつかって もつれる街角まちかど
そうね
ひとなみに まきこまれて
遠回とおまわりでも かまわないわ
一歩いっぽずつ つよやさしさに
ちかづいてゆきたい・・・
いつも

青空あおぞらが まぶしくて
わたしはこんなに ちいさくて
だけど
ひとなみながされないで
まっすぐまえあるけたなら
いつの
だまりのような
あなたをきしめたい
あたらしいくつすこ
ぎこちなくて
かすかないた
ひきずるけど
一歩いっぽずつ
らしてくわ
あなたにちかくなる ために