1. 涙の数、大人になれたら歌詞

「涙の数、大人になれたら」の歌詞 南野陽子

1989/7/12 リリース
作詞
田口俊
作曲
上田知華
文字サイズ
よみがな
hidden
だまりの窓辺まどべ
枝毛探えだげさがしながら
ぼんやりとむかしこい おもしてた

あの頃一人ころひとりじゃ
なにもできなくて
それなのに
あぶなっかしいことばかりしてたわたし

なみだかず大人おとなになれたら
わすれたい おもかがやくかしら
わかれのかずやさしくなれたら
もうだれきずつけずに あいせるかしら

高校がくせいころ
二十歳過はたちすぎの女性ひと
大人おとなびてえたけれど
何故私なぜわたしあののまま…

なみだかず大人おとなになれたら
いたずらに したこい ゆるせるかしら
出逢であいのかず素直すなおになれたら
あのひとは またわたしに ふりむくかしら

だまりの窓辺まどべ
こんな休日きゅうじつ
椅子いすうえ ひざをかかえ
ぎた日々ひび なぞってみるの