1. 秋からも、そばにいて歌詞

「秋からも、そばにいて」の歌詞 南野陽子

1988/10/13 リリース
作詞
小倉めぐみ
作曲
伊藤玉城
文字サイズ
よみがな
hidden
きよ・・・ きよ・・・
はなれないで
なつとおく かすむけど
そらさないで
みつめていて
あいふかかんじたい
あきかぜ
まどをたたく コテージ
二人ふたりきり 仲間なかまには
ないしょのたび
きっとみんな
ぬけがけだと おこるよ
つぶやいた 横顔よこがお
すこ微笑ほほえんだ
ひとみをふせて
あなたのむね
ゆっくりわたし
もたれていったの
そっと・・・ そっと・・・
あいしてるって
みみのそばで ささやいて
こわれそうな 勇気ゆうきだから
つつむように きしめて

まぶたのおく
つよ陽射ひざかぶわ
グループで 出逢であったね
なつ高原こうげん
そっけなくて
でも本当ほんとやさしい
みにくい 性格せいかく
あなたにかれた
つめたいよる
なが季節きせつ
ときめくこころ
かさねてゆきたい
ずっと・・・ ずっと・・・
あいしてるって
みみのそばで ささやいて
かみをなでる あなたの
ほほをよせて くちづけた

きよ・・・ きよ・・・
はなれないで
なつとおく かすむけど
そらさないで
みつめていて
あいふかかんじたい
ずっと・・・ ずっと・・・
あいしてるって
みみのそばで ささやいて