1. 鏡の中のエトランゼ歌詞

「鏡の中のエトランゼ」の歌詞 南野陽子

1989/7/12 リリース
作詞
成瀬緑
作曲
佐藤英敏
文字サイズ
よみがな
hidden
マロニエのかお街角まちかどをひとり
ふる扉開とびらあけ シートにもたれる

かがみをのぞいて ひとみをそらして
みじかって」と 片言かたことつぶやく

あなたが そっとふれた黒髪くろかみ
さよなら さよなら
ケープのたに ながれてく…

かがみなかのエトランゼを
みつめながら 深呼吸しんこきゅう
心細こころぼそさに なみだぐんでも
もう もどれないの

魔法まほうのかかった 銀色ぎんいろのハサミ
「キレイニナルヨ」と ささやきつづける

こころに こぼれちたなみだ
しずかに しずかに
むねのいたみ にじんでく…

かがみなかのエトランゼを
みつめながら 深呼吸しんこきゅう
もっと素敵すてきに もっとやさしく
かがやきたいのよ

かがみなかのエトランゼを
みつめながら 深呼吸しんこきゅう
水洩みずも陽抜びぬけて ほほうつかぜ
最初さいしょのステップ