「ためいきのベルが鳴るとき」の歌詞 原由子

1991/6/1 リリース
作詞
桑田佳祐
作曲
桑田佳祐
文字サイズ
よみがな
hidden
あれからいくつもの さびゆめばかりを
かわいたむねをなぞるかぜあつなつげる

大切たいせつ言葉ことばをくれるなら さよならでもいい
出逢であったみせおくのこる あなただけのかお

ためいきのベルが おわかれのしらべ
今宵こよいもまたあめよるきしめて
あまれる ためらいがちなこいふるえた

よわすぎたばかりに ちわびるのはれてただけ
とどいたなみおと二人ふたりだけのなつわる

やさしさにけて いとしくてなみだ
たがいにわかすぎると づかないままに
いつのころ浮気うわきかぜのせいにしていた
うつろいがちな時間ときつめて

とおくなれば無邪気むじゃきそら いつかそこにもどれたら

ためいきのベルは 黄昏たそがれ合図あいず
よく他人ひとるたび 明日あすとおざかる
わすれられぬ ゆうやみせまうみいてる
せつなさだけのこいにおわか

Ringin' a bell
Just seems to tell
What's in my heart

Ringin' a bell
Just seems to tell
What's in my heart

Ringin' a bell
What's in my heart

Ringin' a bell