「「好き。」と言われるまでの5分間」の歌詞 原由実

2015/5/27 リリース
作詞
かなで
作曲
白林剛史
文字サイズ
よみがな
hidden
映画えいがみたいなこいなんて おとぎばなしおもってた
でもね、奇跡きせきこりそうなの

うたび らしちゃうけど
偶然ぐうぜんじゃないこと がついていた

いつものカフェ いつもとおなじせき
こい時計とけいが ねえ、うごきはじめる

きみに「き。」とわれるまで あと5分間ふんかん ときめく
まっすぐのがさずに わたしだけつめる うつむいていてもわかる
微熱びねつのように色彩いろえて こころはながひらいた
見上みあげるまえきみがあまくわらった
はじまりのかねる ディンドンうた

あかいとなんて えないけれど
ボケットにかくした 小指こゆびふるえた

きみ名前なまえ なつかしくこえたの
そうよまえから ねえ、ってたみたい

きみに「き。」とわれるまで あと5秒間びょうかん 高鳴たかな
おとなの表情かおしても 見透みすかされてしまう いていたながよる
こい手前てまえまった 臆病おくびょう過去かこほどいて
やさしいそのこえが ハートごとせた
むねおとあふれそう ディンドンひび

きみに「き。」とわれたとき かさなりあった旋律せんりつ
ふたりであるひかり季節きせつ永遠えいえんつづくように
おもったままにわらえなくて くちびるんだわたし
そっとかみでる かぜのような指先ゆびさき
つかまえてささやいた 「大好だいすきです。」と