「フィアンセになりたい」の歌詞 及川光博

1997/12/10 リリース
作詞
及川光博
作曲
及川光博
文字サイズ
よみがな
hidden
言葉ことばよりもたしかなもの
肉体からだよりも曖昧あいまいなもの
つからなくて 二人ふたり
かすり傷増きずふやして

おも
窮屈きゅうくつになりだした
このごろぼくらは
にらみあうような
こころ距離計きょりはかってる
わかれるなんてないくせに
いつも不安ふあんだけあつめて
いたずらに ぶつけあう
ダメな恋人こいびと
そばにいて・・・
もっとちかくに・・・
その一言ひとことてこない
あきれるほど わがままに
なれたらいいのに
言葉ことばよりもたしかなもの
肉体からだよりも曖昧あいまいなもの
つからなくて 二人ふたり
かすり傷増きずふやして
もう はしゃがないで
これ以上いじょう
ぼくよりたのしそうなきみ
るのがくるしいのは
何故なぜだろう?
・・・いっそのこと
フィアンセになりたい

意地悪いじわるしたいんでしょう?
きみは わざとない
ぼくのメッセージ
かわかないマニキュアの
せいにして 留守電るすでん
"だれよりも あなたのこと
理解りかいしてるのはわたし"
そんな態度たいどぼく
プライドさかなでる
友達ともだちになんか
もどれっこない
きみだけのために
きられない
とまどいながら 二人ふたり
キスをくりかえして
もう なやまないでこれ以上いじょう
いとしくおもえばおもうほど
孤独こどくかんじるのは
何故なぜだろう?
・・・ 来週らいしゅうにでも
フィアンセになりたい

言葉ことばよりもたしかなもの
肉体からだよりも曖昧あいまいなもの
つからなくて 二人ふたり
かすり傷増きずふやして
もう はしゃがないで
これ以上いじょう
ぼくよりたのしそうなきみ
るのがくるしいのは
何故なぜだろう?
友達ともだちになんか
もどれっこない
きみだけのために
きられない
とまどいながら 二人ふたり
キスをくりかえして
もう なやまないでこれ以上いじょう
いとしくおもえばおもうほど
孤独こどくかんじるのは
何故なぜだろう?
・・・いっそのこと
フィアンセになりたい