「二人きりの場所」の歌詞 反町隆史

1997/12/19 リリース
作詞
反町隆史
作曲
都志見隆
文字サイズ
よみがな
hidden
おぼえているかい?
あのとき
コーヒーとチョコレートで
映画えいがていたね
うれしそうな笑顔えがお
かなしそうなひとみ
一歩いっぽみだすたびに
なにかがえなくなってた
自分じぶんのことしか
かんがえられずに
たよりにできるのは
自分じぶんしかいないと
そんなことばかり
かんがえてたけど いま
おれくと
おまえはいつもそこにいた
必要ひつようだとおもうとき
いつもそばでわらっていた
ゆめのためだけに
きてきたおれだけど
いつかつけるよ
二人ふたりきりの場所ばしょ

おぼえているかい?
あの場所ばしょ
交差点こうさてんなか
キスをしようと
突然言とつぜんいったね
はにかんだ笑顔えがお
ふるえてる右手みぎて
言葉ことばけるたび
なにかがかすんでいってた
のばしてたかみ
かたはなれても
らずに街並まちなみの
さきあるおれ
ゆるせたこころはらってた
だけど
おれくと
おまえはいつもそこにいた
夕暮ゆうぐれのかえみち
ながしたなみだかずだけ
ゆめをかなえられる
この手握てにぎりしめていれば
きっとつけるよ
二人ふたりきりの場所ばしょ

おれくと
おまえはいつもそこにいた
必要ひつようだとおもうとき
いつもそばでわらっていた
ゆめのためだけに
きてきたおれだけど
いつかつけるよ
二人ふたりきりの場所ばしょ