1. ドアを叩くように歌詞

「ドアを叩くように」の歌詞 古内東子

2005/11/30 リリース
作詞
古内東子
作曲
古内東子
文字サイズ
よみがな
hidden
クリームみたいなそら
まちうえひろがって
たとえばあなたがここにいたなら
もうそろそろあさ支度したくはじめているころ

愚痴ぐちえたりするのは心許こころゆるしてるからこそ」
ゆうはいってたメッセージは
枕元まくらもといたけれど
ごめんね、いまわたしにはまだ複雑過ふくざつすぎてしまう

ほんとはいたい気持きもちでいっぱい
かおたらすぐもどってしまう
きたいほどおもっている

わたしあなたをもういかけない
こころにそうつよめたんだ
だからおねがい、さぶらないで
簡単かんたんにまるでドアをたたくように

あめられないように
ひと裏切うらぎられないように
なんちからにもならないけど
ちいさくいつもいのってる
ごめんね いまできることはもうわたしはそこまでだよ

だってあなたのあいするひと
きっといたりなんかしないで
つつむようにおもってくれる

わたしあなたをもうけない
こころにそうつよめたんだ
だからおねがい、さぶらないで
簡単かんたんにまるでドアをたたくように

ほんとはいたい気持きもちでいっぱい
かおたらすぐもどってしまう
きたいほどおもっている

わたしあなたをもういかけない
こころにそうつよめたんだ
だからおねがい、さぶらないで
簡単かんたんにまるでドアをたたくように