「宝物」の歌詞 古内東子

1997/2/21 リリース
作詞
古内東子
作曲
古内東子
文字サイズ
よみがな
hidden
あなたはまれて
ときから
わたしさがつづけた
宝物たからものだった
きずつけることも
めることも
ないようにこのうでなか
このちいさなむねなか
まもれるとおもってた
おもってた
はるつこのまち
最後さいごゆきった
あなたがしたって
友達ともだちいたの
そしてあの部屋へやからは
だれもいなくなった
それぞれがおも
半分置はんぶんおいて 半分持はんぶんもって
さよならをめたのは
わたしだけど
いまわかるでしょ
あのときのつらさ Ah…
二人ふたりごして
あの日々ひび
これからもわたしにとって
宝物たからものだから
どこかでいたみを
かんじながら
こいをしてこのうでなか
このちいさなむねなか
だれかをくでしょう
くでしょう
一度入いちどいれたメッセージ
いたかわからないけど
返事へんじがなくてよかった
ずっとってたけど
べつようはない」なんて
いたうそはきっと
あなたにはわかっていた
さびしい気持きも
いたい気持きも
さよならをめたのは
わたしなのに
おしえられたの
あなたのつよさとやさしさに
あなたはまれて
ときから
わたしさがつづけた
宝物たからものだった
きずつけることも
めることも
ないようにこのうでなか
このちいさなむねなか
まもれるとおもってた
二人ふたりごして
あの日々ひび
これからもわたしにとって
宝物たからものだから
どこかでいたみを
かんじながら
こいをしてこのうでなか
このちいさなむねなか
だれかをくでしょう
(宝物たからものだから… fu…)