「心もつれて」の歌詞 古内東子

2005/11/30 リリース
作詞
古内東子
作曲
古内東子
文字サイズ
よみがな
hidden
それはからまったいとのように
ほどこうとすればするほどに
もつれたこころ自分じぶんではほどけない
どんなさそいでもかまわない
このままひとりかえるよりは
ましにおもえて時間忘じかんわすれたいだけ

あかいタワーがやみえるまで
そらかぶほしがひとつずつえるまで

どちらがどれだけきずついたなんて
いまさらどうでもいいこと
でもあのときよりつよしあわもとめてるぶんだけ、
わたしけだよね

あのあいをあのあい
あなたはどうやって
とおくにとおくにしまったの…

今夜楽こんやたのしいことをひとつ
むねにとどめられたならば
あなたのおもひとつはくせるかな

かたをすくめてある背中せなかには
いつもしずかな愛溢あいあふれてるがしたの

きっとわたしだけが
あなたとのこいのルールさえもらないまま
まよんでしまったゲームえられずにいるなんて、
わたしけだよね

どちらがどれだけきずついたなんて
いまさらどうでもいいこと
でもあのときよりつよしあわもとめてるぶんだけ、
わたしけだよね

あのあいをあのあい
あなたはどうやって
とおくにとおくにしまったの…