1. 逢いたいから歌詞

「逢いたいから」の歌詞 古内東子

1993/10/21 リリース
作詞
古内東子
作曲
古内東子
文字サイズ
よみがな
hidden
ドアのこう
さむそうにきみってる
こんな夜中よなか
買物袋かいものぶくろかかえて
しあわせすぎてねむ時間じかん
しい。」 なんて
ふざけながら
だれかをあいする
つよさにあふれて
かれことはなきみ
つキッチン
いているのは
ぼくでなくてもいいみたい
れた手付てつきの
きみ料理りょうり
あたたかくてなつかしくて
だから余計よけい
ぼくきずつけるよ
ねがこいをして
きれいになってく
きみをみているのは
つらいから
もうここにはないで
えないよそれでも
いたいから
Wow wow… Uh yeah…

きみかれ喧嘩けんかをして
いてたとき
ぼくはすかさず
きみ味方みかたをしたけれど
きみわらって
「いいのよ。」なんて
ぼくだったら
ぼくだったら
きみきみ
かなしませたりしない
ねがこいをして
きれいになってく
きみをみているのは
つらいから
もうここにはないで
えないよいたいから
もうもみられないよ
きみのそのひとみ
うつってる
ぼくかおがやさしく
わらうたびかなしすぎて
ああ いまこの瞬間しゅんかん
きみといることは
けっしてうそじゃないのに
ああ なにわらない
なにとどかない
きっとこれからも
こいをして
きれいになってく
きみをみているのは
つらいから
もうここにはないで
えないよいたいから
もうもみられないよ
きみのそのひとみ
うつってる
ぼくかおが やさしく
わらうたびかなしすぎて