「銀座」の歌詞 古内東子

1998/1/21 リリース
作詞
古内東子
作曲
古内東子
文字サイズ
よみがな
hidden
ひさしぶりに銀座ぎんざ
すこしだけむかし
ちがってえる
日曜日にちようび人混ひとごみのなか
かばってくれたよね
かたいて
今夜こんやゆきになるかも
った
地下鉄ちかてつなかあたたかさに
ほっとしてきたくなる
ふとしたとき
ひとりとかんじる
わたしいままで
あなたのそばにいて
なにかひとつでも
出来できたのならばおしえてよ
わたしいままで
あなたとともにきて
なにかひとつでも
出来できたのなら

しろいきわらいながら
りそいあるいたよね
並木通なみきどお
かんではしてゆく
られてく車両しゃりょうなか
おもたちを
だからどうかこのままで
もっとはし
よるけるまで
わたしいままで
あなたのそばにいて
なにかひとつでも
出来できたのならばおしえてよ
わたしいままで
あなたとともにきて
なにかひとつでも
出来できたのなら
おしえてあのとき
二人ふたりおもいは
そらかすむように
とけるように
えていったの?

わたしいままで
あなたのそばにいて
なにかひとつでも
出来できたのならばおしえてよ
わたしいままで
あなたとともにきて
なにかひとつでも
出来できたのなら
おしえてあのとき
二人ふたりおもいは
そらかすむように
とけるように
えていったの?
あなたとともにきて
おしえて