「pale moon」の歌詞 古内東子

2005/11/30 リリース
作詞
古内東子
作曲
古内東子
文字サイズ
よみがな
hidden
あのふゆのセーターは あなたのにおいと一緒いっしょ
クローゼットのおくしまったのに、永遠えいえん
何故なぜ偶然ぐうぜんでも 一度いちど出会であわないね
きっとどんなかおをしたらいいか わからない

2ふたつや3みっつならこいべるものもあったの
大事だいじに、それなりに、あたためてたけど

もしももう一度いちど あの二人ふたりもどって
こたえをえらべるとしたら
やっぱりいま毎日まいにちを、一緒いっしょにいない毎日まいにち
えらんでいたでしょうか?

おなまちにいれば いつかは出会であってしまう
きっとその笑顔えがおたら上手うまはなせない

きとかあいだとか まっすぐな言葉並ことばならべたら
余計よけいはなれてく がしてこわいの

最後さいごよる階段かいだんからえたつき
かなしくあおかんでた
だんだんいろあせていくの? 二人ふたりまぶしいおも
あのつきのように

もどせるはずのないものを
ひとばして つづける
あなたのとお記憶きおく
こころかりをともすから

もしももう一度いちど あの二人ふたりもどって
こたえをえらべるとしたら
やっぱりいま毎日まいにちを、一緒いっしょにいない毎日まいにち
えらんでいたでしょうか?

階段かいだんからえたつき
かなしくあおかんでた
だんだんいろあせていくの?
二人ふたりのまぶしいおも
あのつきのように