「グリグリメガネと月光蟲」の歌詞 古川P

2010/3/3 リリース
作詞
古川本舗制作本部
作曲
古川本舗制作本部
文字サイズ
よみがな
hidden
真昼まひるつきへと
かびがった
しろひか月光蟲げっこうちゅう

「こころを一房噛ひとふさか千切ちぎって、とどけにゆくのだ。」
うのです。

グリグリメガネの郵便屋ゆうびんやは、
「おれがつたえる。」
こえをかけた、

けど、ひらり。

んでったそのあとには、
たぶはいのこるだけでした。

けむりが、また えた
大人おとなにならないんだなァ…。

ひびいたおもいが、よるでた。
言葉ことばになれないまま、
つちみてえるようなおもいが、おとてた。
おもせるように。

うたえ、おどれ。
いたりはしないぜ。
こえるだろう?
もどるつもりは…ないか。
うたえ、おどれ。
せたくらいじゃ
かくせないんだなァ…

やがて、おもいは、にじんだようだ。
よるけて、あかともったら

せめて、ほらひびけ、また今日きょうても
おもせるように。

そのえられるように。