「星のブルース」の歌詞 吉井和哉

2011/2/16 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ほしのどっかからんでんでる
さむよるしんまでえる
ふゆのセーターからつたわってくる
こいのようなぬくもりがある

きみとどっかきそびれてる
約束やくそくってどれだけまも
きりまとった夜雨よるあめ
をつないでよろけてある

明日あすあさ きたてのパンをしてくれたらいい
ぼくについて何一なにひとらなくていいから

さよならは何度なんどでもう そのための一生いっしょうでもある
きみ夜空よぞら見上みあげてる ほしのどっかからんでんでブルース

賛否両論さんぴりょうろんはあるだろうけど
かなしみのいろかならずblue
木枯こがらしの商店街しょうてんがいでは
年末ねんまつわりでにぎわう

明日あすあさ ぼくだけにキスをしてくれたらいい
それについて何一なにひとしばけたりしないから

さよならは何度なんどでもう このむねはただける
神様かみさまにいつか挨拶あいさつ 「ありがとう」ってきみつたえる

きみ夜空よぞら見上みあげてる
ほしのどっかからんでんでブルース