「血潮」の歌詞 吉井和哉

2013/1/23 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
きみとならいつまでもいれるとおもってた
きみとならどこまでもけるとしんじてた

そうおも いまぎたこと
わすれられないけどねきっと
からびた残骸ざんがいになっても
二人ふたりたすべてのひかりがあるから

つづくどこまでもこのひろ大地だいち 野望やぼう
本当ほんとううそいまでもまようけど
このひろそらがずっと つづかぎりはだまされてみようか

そうだれでもまりきったこと
間違まちがえてあさまでいて
ねえそれでもまれてきたこと
なげいたりしてみとめたりして目覚めざめる

それもわかるけどいまはそっとしといて
頑張がんばれ」って何度なんどわないで
無理矢理むりやりれてこうとしないで 自分じぶんでわからなければうごけない

何処どこからたかより 何処どこくか」だとか
うから過去かこでてまた前向まえむいて
こいまれたあののことを
「ダメだった」「かった」とかえしながら

つづくどこまでもこのひろ大地だいち 野望やぼう
本当ほんとううそいまでもまようけど
このさわいだ血潮ちしおとおるまではだまされてみようか

さようなら いつも おびえていたわたし