「たったひとつの遠い道」の歌詞 吉岡亜衣加

2010/10/6 リリース
作詞
森由里子
作曲
鶴由雄
文字サイズ
よみがな
hidden
このみちだれもまだきっとらないとおみち
をつなぎ二人ふたりしてえが未来みらいへの地図ちずなら

さみしさのあめがいつかかせた花束はなたば
きしめて ってただきたい

永遠えいえんよりもとおくまで
あなたのとなりにいたい
どんなあらし出遭であっても
えてゆけるよ 二人ふたりなら

ただ一人ひとりいとおしいひと出会であうそのために
不確ふたしかなこの世界せかい みんなまれてくるのでしょう

久遠とおくしていたこころ断片ひとかけら
ねえきっとあなたがっていたから

永遠えいえんのこの片隅かたすみ
あなたをずっとあいしたい
希望きぼうをそっとたずさえて
まえだけをつめて あるきたい

桜咲さくらさはる
ひかりなつ
葉舞はまあき
そうこごえるふゆ

永遠えいえんよりもとおくまで
あなたのとなりにいたい
夜明よあけがそっとまれたよ
こころおくにいま かがや

永遠えいえんのこの片隅かたすみ
あなたをずっとあいしたい
希望きぼうをそっとたずさえて
まえだけをつめて あるきたい