「三日月に花」の歌詞 薄桜鬼 ED 吉岡亜衣加

2011/12/28 リリース
作詞
吉岡亜衣加
作曲
吉岡亜衣加
文字サイズ
よみがな
hidden
この夜空よぞら
やさしい眼差まなざ
れたゆび
わすれられないぬくもりよ

いつもはとなりわらって
時々涙見ときどきなみだみせていいから

あぁ、わたしこえ
あなたに今届いまとどいていますか
きずついてもいい
だれよりもそばにいさせてしいの
こんなにあなたが
あふれている

そっと水面みなも
三日月浮みかづきうかべ
ながれぬよう
二人ふたりときめたね

かなしみかんじるよりも
おもがこのむねにあるの

あめれていた
いきづいたこのほこ
あのはなのように
わたしもここであなたをってる
きっとこの場所ばしょ
また出会であえる

あぁ、わたしおも
あなたに今届いまとどいていますか
きずついてもいい
だれよりもそばにいさせてしいの
ほかにはなに
らないから