1. 光の蝶歌詞

「光の蝶」の歌詞 薄桜鬼 随想録 ED 吉岡亜衣加

2011/7/13 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
かぜれる 木洩こも
ほら、ひかりちょうになって
おもえない足跡あしあとのこ
あなたでたされてく

ながながとおあめ
そっと勇気ゆうきしずくわる
いまというとき一度いちどだけの万華鏡まんげきょう りなして
この出逢であえがいた

とめどなくねがいの ことひらひらと
いくつもそら今日きょう辿たどいた
やわらかな羽音はおとの その鼓動こどうつつまれ
わることないゆめかせてゆく

あかしなら
いたみさえもこわくはないと
琥珀こはく雲間くもまらしてく ひとひらのぬくもりに
永遠えいえんを あずけた

めくるめく出逢であいの さざなみきらきらと
2人ふたりならばどんな約束やくそくもいらない
おだやかな葉音はおと生命いのちうたうように
運命かぜゆだねて あなたと明日あす

とめどなくねがいの ことひらひらと
いくつもそら今日きょう辿たどいた
やわらかな羽音はおとの その鼓動こどうつつまれ
わることないゆめかせてゆく

たえまなくおもいを よろこびは
あなたのためきるよろこびになるから
きらめいた羽音はおとやさしい未来探みらいさがして
とき万華鏡まんげきょう 2人ふたりまわしたい