「刻の透かし絵」の歌詞 吉岡亜衣加

2013/8/21 リリース
作詞
上園彩結音
作曲
鶴由雄
文字サイズ
よみがな
hidden
すがやかなきずな浅葱あさぎそらいのり、つなごう

こえいろかりうほど
おなゆめしゅうひし日々ひび

記憶きおくふすまけるたびかぜ
出逢であえた由縁わけうた

不器用ぶきよう一途いちずさこそが真実まことつよさと
あの づかせてくれた

うららかに耀かがよ木洩こも眼差まなざしで見守みまも
…それぞれのおもいのめる ひかりになりたい

てなきみち 何処どここうと
いま此処ここめた場所ばしょだから

ねがいは欄間らんまかしりに
あついのちかたど

太陽たいよう雨雲あまぐもさえもそらがれ
なみだ おそれずまとって

ほこらかにたゆたう このときがとこしへであるやうに
わらごえ ひびかせ 明日あすこうも さちめたい

きよやかなきずな浅葱あさぎそらちかい、たばねて
…このむねかし ともにかざせば 希望きぼう まるる