1. 天ノ華歌詞

「天ノ華」の歌詞 吉岡亜衣加

2011/7/13 リリース
作詞
森由里子
作曲
鶴由雄
文字サイズ
よみがな
hidden
なみだよ ひとひらながれてゆけ
しろゆきわりて
最果さいはての貴方あなたもと
おもとどくやうに

ひとりで 見上みあげる夜空深よぞらふか
三日月みかづきほそこごえる
あのそら 貴方あなたてるならば
つたえませう ってると じて

千里せんりへない糸手繰いとたぐ
ささへたい まもりたい この命懸いのちかけて

なみだよ ひとひらながれてゆけ
はるとお大地だいち
貴方あなたやみてに
ゆきかりけて

こころよ ひとひら彼方かなた
しろ羽根はねひろげて
吹雪ふぶきなか かう貴方あなた
そっとつつむために

言葉ことばせないままのちか
いつのかまたえるこそ

さう涅槃ねはん旅立たびだときるまで
此処ここそばる このこころだけは

なみだよ ひとひらながれてゆけ
そらはなごとくに
雪解ゆきどけの いつかむか
桜咲さくらさときまで

こころよ ひとひら彼方かなた
しろ羽根はねひろげて
きずついてる 貴方あなたかた
そっとつつむために

なみだよ ひとひらながれてゆけ
しろゆきわりて
最果さいはての貴方あなたもと
おもとどくやうに

こころよ ひとひら彼方かなた
しろ羽根はねひろげて
吹雪ふぶきなか かう貴方あなた
そっとつつむために

おもとどくやうに