「永い余白を越えて」の歌詞 薄桜鬼 鏡花録 ED 吉岡亜衣加

2013/12/25 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
はげしいまでに ほしがまたたく
運命かぜあらがうみたいで

虎落笛もがりぶえおと なみださそって
あなたときた日々ひび あふ

そう まもりたい大事だいじひと
出逢であえて やさしくつよくなれた
なが孤独こどく ほとびせるほど
あのよる おないろけた

月影つきかげけるよに
たえまなくおもいはめぐる
いたくて れたくて
ゆめ余白よはくにじそら
吐息といきかずで あなたえがく…

はじめてとおみちが なつかしい
れる残像ざんぞう あえかにかお

このさみしさも あい名付なづけて
おもすべて きしめてゆく

いのちけずえた日々ひび
じないわたしでありたいから
んだひとみ いだこころ
あなたがいきづいてるように

はなよりも あつ刹那せつな
うるわしく凛々りりしくいた
あのちかわれない
明日あした余白よはくいのめて
あなたにささあいうたを…

だれらないこころおく
れられゆだねた ささめごとは
つらい過去かこほおずりできる
清流せせらぎみちびいてくれた

つきよりもまぬ
めくるめくおもいのてで
むすばれて 現在ここにいる
なが余白よはく勇気ゆうきそそごう
いつかあなたにかえまで…