「白き誓い」の歌詞 薄桜鬼 OP 吉岡亜衣加

2013/12/25 リリース
作詞
上園彩結音
作曲
上野義雄
文字サイズ
よみがな
hidden
てつくそらはなぜ
こんなにもわた
覚悟かくごのそのはててで
ほしえますか

かたすえ
ざされた運命さだめでも
あなたにえた
手放てばなせない

てんらすほどの
涙雨あめすすもう
勇気ゆうきえないひとすじの光明ひかりだから

このおもいを吹雪ふぶかせて
しろちかいのはな
気高けだかかぜ
あなたのそらとど

あゝああ どんなにはなれても
おなゆめ きしめる
あなたのこころざしこそが
わたしみち… そうめた

ひとたび芽吹めぶいたら
そのゆめ直道ひたみち
かずにいられない
みのらずとも

時代ときつなはし
ちて くずれようと
ひるまぬいのちかがやきをたたうまで

この刹那せつなをうねらせて
しろちかいのなみ
あなたをいかけて
えない明日あすわたろう

あゝああ 誠義せいぎつらぬいて
おもあけ
それでもやみなどしない
あなたとあるいた… そのすべて

こころ くだった
日々ひびおもいのつゆ
そらへとかえりて いのりの慈雨じうへとわる

このおもいをばたいて
しろちかいのとり
ひたすらんで
目指めざした明日あすまれ

あゝああ どんなにはなれても
おなゆめ きしめる
あなたのこころざしこそが
わたしみち… そうめた