「葛飾ラプソディー」の歌詞 吉岡亜衣加

2015/2/11 リリース
作詞
森雪之丞
作曲
堂島孝平
文字サイズ
よみがな
hidden
中川なかがわかぶ 夕陽ゆうひをめがけて
小石こいしったら くつまでんで
ジョギングしていた 大工だいく頭領かしら
ガキのまんまだと わらわれたのさ

どこかに元気げんきっことしても
葛飾かつしか亀有かめあり アクビをひとつ
わらない町並まちなみが みょうにやさしいよ

中央ちゅうおう広場ひろば子供こども
ふとったあの初恋はつこい彼女かのじょ
ゴンパチいけわたしたラブレター
いまってると からかわれたよ

なんにもいいこと なかったけど
葛飾かつしか水元みずもと ながれるくも
ラプソディーくちずさみ すこあるこうか

カラスがくから もうれるね
焼鳥やきとりほうばり ビールもうか
トンガリ帽子ぼうし取水しゅすいとうから
帝釈天たいしゃくてんへと 夕陽ゆうひちる

明日あしたもこうして わるんだね
葛飾かつしか柴又しばまた しあわせだって
なくしてがついた 馬鹿ばかおれだから

どこかに元気げんきっことしても
葛飾かつしか亀有かめあり アクビをひとつ
わらない町並まちなみが みょうにやさしいよ