「蛍草 ~つゆくさ~」の歌詞 吉岡亜衣加

2012/7/25 リリース
作詞
吉岡亜衣加
作曲
Yu
文字サイズ
よみがな
hidden
かぶくも面影おもかげ
うつしてみては
おも日々ひび
ばせばとどくような
そらちかくて

見上みあげるわたし、すいこまれ
あおまって雲間くもまけた
ほおでるかぜかれて
季節きせつめぐる

よるおとずれるときには
ちいさなひかりらし
あなたのことをおもうほど
やさしくなれるのよ

ひっそりいた蛍草つゆくさのよう
はかなゆめ気持きもあふ
そうやわらかに
おものそば
いついつまでも
れていたい

つたえたい言葉ことばはなぜ
くちにするのがむずかしいでしょう
おもい こぼれそうな
やすらぎの音色ねいろ

あさおとずれるときには
ちいさな微笑ほほえみでつつ
あなたのことをおもうほど
やさしくなれるのよ

夜明よあまえ薄空うすぞらつき
そのときそっとしずかにくという
蛍草つゆくさはな
このはなびらの
かおりにせたら
永遠えいえんまで

よるおとずれるときには
ちいさなひかりらし
あなたのことをおもうほど
やさしくなれるのよ

ひっそりいた蛍草つゆくさのよう
はかなゆめ気持きもあふ
そうやわらかに
おものそば
いついつまでも
れていたい

いついつまでも
れていたい