「雫」の歌詞 吉岡亜衣加

2015/2/11 リリース
作詞
スキマスイッチ
作曲
スキマスイッチ
文字サイズ
よみがな
hidden
背中せなかにあったつばさきみともくした
べたころ記憶きおくきずようにはえてくれない

つきおか夜光虫やこうちゅうれて
手付てつかずの一日いちにちなにわずにわっていく

ぼくなくても地球ちきゅうまわつづける
きみないならぼくあさはもうやってこない

くさむらでころげまわってもりおくねむった
何度なんどあらそいもしたけどそれはすべ永遠えいえんのため
未来みらいこうへくため

背中せなかにあったつばさきみともくした
べたころ記憶きおくきずようにはえてくれない

きみもどす そればかりかんがえていた
とき濁流だくりゅうながされてしまわぬよう

おもなにかたらない すがくあても
のこったなみだはあとすこし きっときみにはとどかない
最後さいごしずくが、ちていく

突然とつぜんよるはじけた ひかりそらった
たまらずじたまぶたけるとそこにきみがいた

背中せなかにあったつばさいまやもう必要ひつよう
あらての太陽たいようぼくらをやさしくらしている

これからは大地だいちみしめて
きみいてあるいていこう