「風遙か」の歌詞 薄桜鬼 黎明録 OP 吉岡亜衣加

2011/7/13 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
風遙かぜはるか あなたをらして この魂燃いのちもやす ほしのように…

ゆめ げた あかあめ 大地焦だいちこがす
くすいた背負せおって 誠貫まことつらぬたたか

そのなみだ して芽吹めぶ覚悟かくご
見送みおくるだけのつき 蒼白あおじろくも ほそそら
このいのり どうかとどけて

風遙かぜはるか あの背中せなか
ほこらしき未来あすした場所ばしょ
いつだって かえりをってる
星灯ほしともいのちがまたたく鼓動こどう
しるべに…

無事ぶじればそれだけで さびしさはくだって
大地揺だいちゆるがすほどのよろこびこだますでしょう

そばにあるぬくもりにたくおも
はがゆさのしずくふかうみあいけては
そらかえひかりわる

夢遙ゆめはるか あなたがきてく
そのみちと ここはつながってるから
世界中せかいじゅう孤独こどくいても
やすらぎで あなたがつつまれるなら しあわせ…

いたみをいやなみりかごの
言葉ことばになるまえおもいも
みずのように そう自由じゆうかたちあいうつわって
あなたへながれたい

風遙かぜはるか あの背中せなか
ほこらしき未来あすした場所ばしょ
いつだって かえりをってる
星灯ほしともいのちがまたたく鼓動こどう

じたつめるあなたを
星巡ほしめぐやすほのお
らして…
てなく…