「ホットミルク」の歌詞 ドラえもん のび太の南海大冒険 ED 吉川ひなの

1998/3/4 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
つきえない
よる途中とちゅう
目覚めざめたあたしは
ひとりぼっちだった
ベッドのすみ
まあるくなって
あなたをおもうと
ねむれなくて迷子まいご
ゆめなかではそばにいて
やさしくあいしてくれるの
「それはなぜ?」って
いたとたん
めちゃうの
あなたの一番いちばん
大切たいせつなもの
あたしじゃないのが
かなしくなるけど
あなたの一番いちばん
大切たいせつなもの
あたしが一番いちばん
ってるはずでしょう
そんなちいさな確信かくしん
のひらににぎりしめてる
りの
指輪ゆびわがぎゅっと
いたいほどつよ
あたしの一番いちばん
大切たいせつひと
あなたをちかくに
かんじていたいから
(セリフ)
「ほんとうはとても
むしだよっていたい
(セリフ)
いつもいたいんだよ、
さみしがりやなんだよって
(セリフ)
よるきらいになっちゃうよ
ゆめだけじゃたりないよ
(セリフ)
自分じぶんでもびっくり
こんなあたしは・・・
(セリフ)
あなたのせいで
あなたが必要ひつようだよ
(セリフ)
あなたもあたしのせいで
あたしがきっと
必要ひつようになるよ
(セリフ)
そうしんじてる・・・」
ゆめなかではそばにいて
やさしくあいしてくれるの
「それはなぜ?」って
いたとたん
めちゃうの
ねむれないよる
あなたもいない
ホットミルクでも
つくってもうかな