1. 八月の花火歌詞

「八月の花火」の歌詞 吉川友

2013/8/7 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
さまようわたしこころきみ
さがつづけているの
きっと夜空よぞらしたでずっと
たがいをってる

あいまいなままにときながれて
季節きせつをまたいでえた
なんであのとききみはなした
あいだってってたのに

水平線すいへいせん夕陽ゆうひしず
涙腺るいせんとびらたたくの
もう一度いちどきみえるかな?
めぐめぐめぐ出会であいのなか

わたし いていていて
精一杯せいいっぱいきているのよ
つまずいても ころんでも
きっと何気なにげ明日あすはやってくる

いていていて
こころにまいたゆめひらいて
こぼしたなみだかずだけ
いろとりどりの花火はなびほこ

わたしきみだけの秘密ひみつがある
だれにもかたってないのよ
きっとかさねたときがずっと
二人ふたりつないでく

あいまいなままに日々ひびうつろい
季節きせつわってくけど
いまでもあのなつわした約束やくそく
わたしわすれてないわ

海岸線かいがんせんのカーブをけて
坂道さかみちのぼったら
もう一度いちどきみえるかな?
めぐめぐめぐ出会であかえして

わたし なんなんなん
今日きょうもまたきているの
いても 頑張がんばっても
そっと何気なにげ明日あすはやってくる

いていていて
むねいたおもとどいて
こぼしたなみだかずだけ
いろとりどりの花火はなびがれ

なみおと
みみかたむけて
わすれられない記憶きおく
なつかおりが
なみださそうけど

わたし いていていて
精一杯せいいっぱいきているのよ
つまずいても ころんでも
きっと何気なにげ明日あすはやってくる

いていていて
こころにまいたゆめひらいて
こぼしたなみだかずだけ
いろとりどりの花火はなびほこ