1. 双子座歌詞

「双子座」の歌詞 吉川晃司

1998/5/27 リリース
作詞
吉川晃司
作曲
吉川晃司
文字サイズ
よみがな
hidden
雨音あまおとひびくだけの部屋へや
ふたり ねむっていたね
くあてないまち 彷徨さまよって
ひとつずつなみだ おぼえた 18じゅうはち

あこがれと
とまどいに
きだした季節きせつ

6月ろくがつあめ真珠色パールグレイ
あいにおびえてれた真珠色パールグレイ
いつしかときなが色褪いろあ
いまは むね何処どこふかねむ

きしめた たったひとつのピュアを
ゆめはなぜ おきざりにしたのだろう

ときめきと
とまどいに
れた季節きせつ

6月ろくがつほし双子座ジェミニ
そらうた双子座ジェミニ
そうさ いつだって ふたりだったよ
いまは むね何処どことおくひかる

6月ろくがつはな鈴蘭すずらん
やさしくしろくうぶな鈴蘭すずらん
かぜにゆれてる 君影草きみかげそう
いまも むね何処どこか そっと そよぐ