「ストッキング」の歌詞 吉澤嘉代子

2015/3/4 リリース
作詞
吉澤嘉代子
作曲
吉澤嘉代子
文字サイズ
よみがな
hidden
金曜きんようロードショウ なんとなくてしまう
魔女まじょ宅急便たっきゅうびんいた 十三じゅうさんさいなつにはもどれないことを

ラヂオの予報よほうは ことごとくはずれてしまう
とんぼのきもちあめたれ キキのやさしい魔法まほうとどかないことを

ストッキングをひきいて ここからすぐにれだしてよ
大人おとなになれずに ずっとっていたのに
ストッキングの網目あみめで あやとりするのもきたよ
ゆめみる必要ひつようのない ゆめくにれだしてよ

自分じぶんちからしんじきれなくなるとき
いびつにゆがんだこころは たったひとつの魔法まほうわすれかけていたんだ

もうわかっているよ わたしは特別とくべつじゃない
少女しょうじょのころ窓辺まどべ腰掛こしかとなえた しんじる魔法まほうおもせたら

ストッキングをひっいたり なんでもきにしちゃってよ
かすちきずくらい いたくもかゆくもないの
ストッキングをこのいて まどそとびだしたら
夜空よぞら伝線でんせんした ほうきぼしかかって綺麗きれいでしょう