1. 春色バスと初恋ベンチ歌詞

「春色バスと初恋ベンチ」の歌詞 吉田山田

2012/3/7 リリース
作詞
吉田山田
作曲
吉田山田
文字サイズ
よみがな
hidden
はじめてキミのにぎった 桜並木さくらなみきちいさなバスてい
制服姿せいふくすがたキミと二人ふたり バスをってた
あれから5回目かいめはる ぼくすこ大人おとなになって
スーツ姿すがたひとりぼっち バスをってる

初恋はつこいだなんてずかしいけど
キミがいた季節きせつたしかにトキめいてた

春色はるいろのバスはもうここへはない
あんなにだれかをきにはなれない きっと
りゆくさくら 一人ひとりながめては
キミとあるいた青春せいしゅんかんでえる
はるなつあきふゆになっても
永遠えいえんにキミは ぼくはる

寝坊ねぼうして遅刻ちこくしては いつもキミにおこられてたっけ
それでもキミはいつだってぼくっててくれた
一人ひとりベンチにすわって いとしいひと気持きもちが
いまになってやっとかってむねがキュンといた

あのころにもしもどれたらとか
また弱気よわきぼくいかってくれないか

春色はるいろのバスはもうここへはない
ぼくしかるキミのこえきたいよ
りゆくさくら 一人ひとりながめては
こえるはずもないこえみみをすませる
「そのままでいて」と こえこえたがした
そうしんじていていいですか…?

つぎのバスにもうらなくちゃ あわおもむねにしまって
春色はるいろのバスじゃなくたって 未来みらい笑顔えがおなみだ宝物たからものにして

旅立たびだちのバスがいまここへ
おもまったベンチ もうがろう
ながれてくさくら 一人ひとりながめては
キミとあるいた青春せいしゅんかんでえる
はるなつあきふゆになっても
永遠えいえんにキミは ぼくはる
こころいてる ぼくはる