「たどり着いたらいつも雨降り」の歌詞 吉田拓郎

1972/7/21 リリース
作詞
吉田拓郎
作曲
吉田拓郎
文字サイズ
よみがな
hidden
つかてていること
だれにもかくせは
しないだろう
ところがおいらはなんため
こんなにつかれて
しまったのか
今日きょうという
そんなにもおおきな
一日いちにちとはおもわないが
それでもやっぱり
かんがえてしまう あゝ
このけだるさは なん
いつかは何処どこかへ
落着おちつこうと
こころ置場おきばさがすだけ
たどりいたら
いつも雨降あめふ
そんなことのくりかえ
やっとこれでおいらのたび
おわったのかとおもったら
いつものことでは
あるけれど
あゝ ここもやっぱり
どしゃりさ
こころなかかさをさして
裸足はだしあるいている
自分じぶんえる
ひと言葉ことばみぎみみから
ひだりみみへととおりすぎる
それ程頭ほどあたまなか
からっぽに
なっちまってる
今日きょう何故なぜおだやかで
らんかおしてる
自分じぶんえる